ペチュニア &サフィニアの冬越しのコツ【一年草でも大丈夫!】

スポンサーリンク

ペチュニアやサフィニアは冬越しできるの?

ペチュニア &サフィニアの冬越しのコツペチュニアやサフィニアは一年草ですが、上手に育てると冬越しができます。
なぜ一年草いわれるかというと、簡単に言うと寒さに弱いから外に出しておくと枯れてしまうからです。

温度さえあるような場所では、ずっと茂っています。
品種によっては半耐寒性のものもあるようです。

ペチュニアやサフィニアは冬越しのコツ

ペチュニア &サフィニアの冬越しのコツペチュニアやサフィニアは、切り戻しをし、日中は寒風の当たらないよく日の当たる場所に出しておきます。
冷え込みの強い夜は室内に取り込みます。

さらに、幼い苗でなければ、暖かい軒下の陽だまりに置き、霜除けさえすれば屋外でも冬を越せるようです。
ペチュニアの耐寒温度は5℃くらいなので、ビニールハウスや鉢を布なので覆うなどなどの霜よけ対策をします。

冬越しに成功したら、きっと来年も春から初冬まで花を咲かせてくれますよ。

冬は挿し芽で増やすチャンス

ペチュニア切り戻して切った枝は挿し芽で冬越しできます。

親木から折れた若い枝でも冬場は細菌の繁殖が無いので簡単に付きます。
水やりも極力控えると、耐寒性も増しますよ。

育て方
スポンサーリンク
Rainy Days
タイトルとURLをコピーしました