ビバリウムを作ろう!最適な植物とは?作り方をご紹介

スポンサーリンク

ビバリウムとは

ビバリウムとはなんでしょう。テラリウム、アクアリウム、パルダリウム・・・なんとかリウムという横文字を最近聞くことが多くなりましたね。

今回紹介するビバリウムとは元々「生き物の住む環境を再現した空間」という意味で、生き物って人間?動物?魚?と思いますが、現代では爬虫類、両生類が棲む環境のことをいうそうです。

ビバリウム
自然の景観を切り取ったかのようにレイアウトをケージの中に再現するビバリウム。

ビバリウムでは爬虫類や両生類を飼わないといけないの?

爬虫類なんて苦手で飼えない!という方でも大丈夫。必ずしもビバリウムで爬虫類や両生類を飼う必要はありませんのでご安心を。

このような生物が生息する環境を再現したものがビバリウムなので、観葉植物や苔、流木などのマイナスイオンがドバドバ出そうな材料を使った色鮮やかなインテリアとしておしゃれな方、ほかと違う植物を育ててみたいという方に人気です。

【自作45ケージ後編】コンセプトは「根」レイアウト完成!!【パルダリウム,ビバリウムの立ち上げ】

ビバリウムに最適な観葉植物

苔だけでなく、観葉植物を使うとビバリウムがとても素敵になります。自然界で岩や樹木に活着して生育するような、熱帯から亜熱帯にかけて分布する植物が最適です。

日本でも手に入りやすく人気があるものは「ネオレゲリア」で赤みが入り花も咲き約2600くらいの種類があるそうで、その美しさにファンも多い品種、高温多湿を好み、着生植物であることからビバリウムレイアウトではなくてはならない存在です。
ビバリウム

ビバリウムプランツで人気があるものは

「ネオレゲリア」のほかにビバリウムプランツで人気がある観葉植物に「アグラオネマ」「ネブローサム」「シダ」「ヤマサキカズラ」「アルディシアsp. シルバーネット」などがあります。

ビバリウムビバリウムビバリウム
もちろん、このような植物を選んで購入してもよいですが、好みのデザインのスターターセットを購入して少しずつ植物の種類を増やしていくのも楽しいですよ。

観葉植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Rainy Days
タイトルとURLをコピーしました