「変わらぬ愛」が花言葉♡胡蝶蘭を育てよう!

スポンサーリンク

高級感のある胡蝶蘭はお店の開店祝いなどでよく贈られるなんだかゴージャスなイメージの花ですね。
最近は、自宅で楽しめるよう小さめの鉢植えが出回るようになりました。

プレゼントされたならもちろん、胡蝶蘭を育ててみませんか。
やってみればそれほど難しくないかもしれません。
きちんと世話をすれば、いつまでも元気で花を咲かせてくれるでしょう。
胡蝶蘭の花言葉は「変わらぬ愛」なのです。

胡蝶蘭の赤道付近が原産地

胡蝶蘭の育て方のポイントは水やりと日光と温度です。
季節に応じて、適切な管理をしなければなりません。
水をやり過ぎると根腐れを起こしてしまいますし、直射日光に当てると日焼けしてしまうのです。
他の花に比べると手間がかかるのです。
赤道付近が原産地なので、寒さには弱い花です。
日本で育てるには室内に置いておくことがいいでしょう。
しかし、日光に当てなければなりませんから、冬場は暖かいところと、窓際を移動させなければならないのです。

ベストな場所さえ見つかれば、胡蝶蘭の栽培は半分成功したようなものです!
きちんと世話をすれば、いつまでも元気で花を咲かせてくれるでしょう。

ポイントは水やりのタイミング

ポイントは水やりのタイミング、日光に当てる要領、温度の管理です。
熱帯に原生していたラン科の花ですから、日本でそのまま育てようとしても難しいのです。
温室や遮光ネットなどが必需品となります。

胡蝶蘭の植え替え

何年も育てていく花の場合は時々植え替えをする必要が出てきます。
胡蝶蘭も植え替えをしなければならない花です。
2年に一度は植え替えをした方がいいでしょう。
しかし、短期間に何度も植え替えすると根が傷んでしまいますから注意しましょう。
植え替えは1年の中で何月ごろでしょうか。
4月が一番適しています。
もちろん、4月でなくてもかまいません。
要するに、気温が低くなく日差しも強すぎない季節ということです。

胡蝶蘭の根元にはミズゴケなどを置いていますが、それが古くなってしまったり、カビなどが生えていたりすることも多いのです。
根元をすっきりさせることで、胡蝶蘭が元気を取り戻すのです。
株の状態に応じて、植え替えの方法を変えることも大切です。
胡蝶蘭を鉢に植える時にはプレサブやミズゴケを使用します。
ミズゴケなどにカビが生えている場合には新しいミズゴケに変えるために植え替えをするケースが多いようです。
プレサブとは培養土の一種ですが、胡蝶蘭の生育に合わせてPH値を調整したものです。

〇〇を使うと簡単に!ご自宅、オフィスでできる胡蝶蘭の水やり方法。胡蝶蘭の育て方【管理方法】の「水やり編」です。クマサキ洋ラン農園→http://www.rannohana.com/
育て方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Rainy Days
タイトルとURLをコピーしました