住宅ローン減税の仕組み

住宅ローン減税の仕組み

住宅ローンを組んだ時、その費用負担を多少なりとも軽くするため、納税者としての税負担が軽減されています。
皆様も、住宅などを取得する際は、ローンなどでお金を借りると思われます。
これらの時、借入金の一定割合を、所得税から控除されます。
当然、これにはいくつかの要件があって、該当者だけとなります。
これらの減税を住宅ローン減税と呼びます。

再開された住宅ローン減税

住宅ローン減税は続いてきましたが2008年12月31日でいちど終了しました。
でありますが、このあと、国土交通省は、住宅ローン控除として5年にかけて、より延長されるようになりました。
そして、控除率も引き上げ、こうして、控除対象に住民税も新たに加え、2009年度からの税制改正案を成立させています。
こうして、2009年4月から施行された減税制度、これは最大で600万円の控除を受けられるパターンもあるのですね。
何回もいうようでありますが、本当に住宅は高いショッピングです。
ローンを組んだら家計も大変になります。
ですので、ほかの面で多少なりともお金が戻ってきたり免除されていたりするこというものは、ありたがいことですし、助かりますよね

住宅ローン減税のしくみ

住宅ローン減税は、今、住宅ローンを支払っている人を対象に、税金を減らしてくれるという、嬉しい制度ですよね。
住宅ローンを組んだ方で、ある一定の条件を満たしている人が対象です。
その方が、確定申告をすると、既に払ってある所得税から、一定の割合で返金されます。
カンタンにいえば、家やマンションを買って、住宅ローンの支払いが大変な人、そして、残高がたくさん残っている方は、税金を安くしてあげようという構造です。

控除額も大幅にアップ!!

わたくし達、消費者にとって嬉しいこれらの制度は、長い間続くものではありません。
今では、2009年より後、住宅ローン減税制度は終わる予定でした。
これらが、とりあえず、現在は2013年まで続くことになったようでありますが、永久に続く制度ではないので、不安に思う人も多いのではありませんか?
ほかにも12月31日に購入した家に住み始めた人、そして、次の日の1月1日に住み始めた方で、税金の戻りが異なってくる、などと心配もありました。
麻生内閣の場合に、景気対策の、追加経済対策の柱として、住宅ローン減税が期間延期となりました。
いっしょにコストの拡大も決定したのです。
控除額も、当初、300万といわれていたことより、600万と大幅にアップしています。