住宅ローン審査信用調査

住宅ローン審査信用調査

住宅を購入する時に住宅ローンを組みますね。もちろん、十分な資産をお持ちの方、親族からの支援が期待できる方などもいらっしゃるでしょうが、ほとんどの人が住宅ローンを組んで購入されるでしょう。

住宅は一生で一番大きな買い物といわれますね。1000万単位の額の資金が必要となってきます。返済期間も一生をかけて数十年という長きに渡る返済生活を覚悟しなければなりません。
多くの方は賃貸住宅の賃料を考えれば支払いは可能と考えますが貸す側の銀行にしても、きちんとした信用調査を行いシビアにならざるを得ません。今のご時勢、融資の壁は厚く、困難な場合も多いのが現状です。

住宅ローンを申し込むと、金融機関はあなたを詳細に調べ、あなたを詳細にチェックして融資の判断をします。
その合否の判定は、ブラックボックスと言われ、なかなか審査基準がわからないことが多いのです。
住宅ローンの審査審査に通らないとせっかく住宅の購入意思があるのに、住宅購入をあきらめなければならなくなってしまいます。

住宅ローン審査基準

住宅ローンの審査基準は、決して年齢と年収、勤続年数だけで判断されるものではないそうです。
金融機関は住宅ローンの審査結果が非承認の場合は本当の理由を告げる事ができないことがあります。
まず、よく言われることは、不確実な状態で複数の金融機関に申請をすることは、悪い履歴を金融機関に公表する事になるそうです。
金融機関の間で情報を共有する事もあるので『必要書類をそろえて、ためしに申請をしてみよう』などというのは避けたほうが良さそうです。

住宅ローン審査内容

住宅ローンの申請をするときに、金融機関にどのような内容をどこまで話せばいいのかと迷う事があるでしょう。
うそをつくつもりはないが、なるべく審査に通るように心証を良くしたいと考えるのは普通です。たとえば、 
勤続年数が1年未満なのを言うべきか?
転職する予定があることは告げるべきか?
車のローンを支払っていることは?
消費者金融で借入があることは言わなくてもOK?
他の銀行でローン審査が非承認になっている事実は?
自営業だが大丈夫か?
など、細かいことはたくさんあると思います。銀行に『伝えるべき事、伝えるべきでない事』はお分かりですか?
少なくとも、それらを知らなければ住宅ローン審査通過を目指すには無謀と言えるのです。

住宅ローン審査を通すには



住宅ローン審査速攻承認プログラムでは、銀行員という立場を離れ、住宅ローン審査のご相談をお受けできる立場の方が相談にのってくれます。

金融機関の内部の人間しか知りえない情報やノウハウを元に、住宅ローンの審査を通過させるサポートをしてくれます。
また、住宅金融支援機構の『フラット35攻略』や『住宅ローン減税申告マニュアル』などもついているので、安心ですね。
これで、もう窓口でヒアリングを受けても堂々として申告ができるようになるでしょう。